結婚後も、IT企業で働き続けることを選択する方が多いと思います。
せっかく理想に適うIT企業に入社したのですから、その企業に骨を埋めるくらいの気持ちを持っても不思議ではないのです。
IT企業で、最後までやり通そうとする入社した当時と変わらない強い想いが、IT業務をする際の高いモチベーションを維持していると考えられます。
結婚相手もIT企業で働くことに理解を示しているのを窺い知ることができて、結婚生活を送る中で、その相手からITの仕事を続けられるように応援を貰うことが多々あると思うのです。

夫が働く妻を尊重する姿勢の表れとして、夫の方から家事分担をするべきだと提案することが往々にしてあると考えられます。
結婚後も妻が生き生きと働くことは当然だとする考えがあるのが窺えて、専業主婦として終わらせることは勿体ないと思っているのが感じられてくるのです。
結婚生活とIT業務を両立させていくことをひとつの課題として捉えている妻にとって、夫の協力は本当に心強いと感じているのではないでしょうか。

今後にわたって女性の社会進出が顕著になるのが考えられるため、結婚後も働き続けたいとおっしゃる女性の気持ちを汲むIT企業が増えていくことは明白です。
加えて、育児休暇を取り入れるIT企業が続々誕生するのが予想されていき、現在と比べて女性の立場に立った制度が数多く確立されていくのではと感じるのです。
取りも直さず女性に対してのエールのように思えてくる方は多いと思います。

特に、最近では女性エンジニアが増えており、IT業界で活躍しているようです。その気になる実態は【女性エンジニアのお仕事ライフ】をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です